衣類のリサイクルについて

>

いらなくなった衣類はどうすればいい?リサイクルという方法

その服を着なくなった

一番多いと言っても過言ではないのは、その衣類を着ることがなくなったという事情ですね。

その着なくなったという基準ですが、こんなことがあります。
それはワンシーズンにどのくらいその衣類を着ていたかということです。
だいたい月に2~3回しか着ていないとなると、処分の対象にしてもいいと思います。
ましてや、ワンシーズン一度も着ていないとまで来たら、有無を言わず処分していきましょう。

もしくは、こんなこともありえます。
それは、デザインが古くなったり自分の趣味に合わなくなっただの、とにかくその衣類に魅力を感じなくなったという事情です。
魅力を感じていない服は知らず知らずのうちに着るのを避けていっています。
そして気が付くと、タンスの肥やしになったというオチです。
そうなる前に、どんどん処分していきましょう。

サイズの問題も

また、その他にもこういった理由も結構聞かれます。

それは、サイズが合わなくなったということです。
ダイエットに成功したので、前に着ていた服がぶかぶかになったので着なくなった、その逆に太ってしまったので、それまでの服がきつくなってしまった、など事情はさまざまです。

特に子どもさんがいらっしゃる場合は、頻繁にそういった場面に出くわすと思います。
赤ちゃんはあっと言う間に大きくなってしまうので、去年の服がもう不要になったという話はもう日常茶飯事です。
また、成長期のお子さんだと、一年もしないうちに身長が10センチ近く伸びただのそんなことはしょっちゅうあります。

とにかく、今の自分や家族の体形に合わなくなってしまった、そんな衣類はすぐにでも処分しないと無駄になってしまいます。


TOPへ戻る