衣類のリサイクルについて

>

リサイクルしたくなったらどこに行けばいい?

とりあえずお店に持ち込もう

まずは、お店に持ち込んでみましょう。

持ち込むお店で、一番メジャーなのは古着屋さんですよね。
古着屋さんだと、皆さんおわかりのように、買取になるので持ち込んだ衣類がお金に変わります。
その金額ですが、衣類の価値やもともとの価格で査定するところもあれば、重さで判断するというところもあります。
どちらでも、お好きな方に持ち込んでみてもいいでしょう。

また、最近は有名店も不要な衣類を引き取るようになっていっています。
お得なのは、そのお店によってサービスがあるということです。
割引クーポンをくれたり、カードやアプリのポイントを追加してくれたりもします。
ただし注意したいのは、有名店の場合はその店舗で扱っている衣類しか受け取ってくれないということです。

いろんなものに変わることも

では、その持ち込んだ衣類はどうなるのでしょうか。

古着屋さんではもちろん、そのままお店の商品になって売り出されます。
しかし、古着屋さんで値段が付けられなかったものや有名店でそのまま引き取られていった衣類は一体どこに行ってしまうのでしょうか。

答えは「寄付」されます。
どこに寄付されるのかと言うと、貧しい国や大きな災害にあった地域に送られます。
確かに、現地の人たちからしたらすごくありがたいですよね。

時には衣類ではなく、義援金などの金銭や小さな子どもたちの予防接種用のワクチンに変わることもあります。

このように、あなたが不要になった衣類が、どこかの誰かのお役に立っています。
そして「善意」という形として残っていきます。


TOPへ戻る